2011冬至
1000000人のキャンドルナイトin古木里庫
イベントレポート


                                                                           >HOME

2011年12月22日の夜  18時〜21時の間
薪ストーブと古材のお店 古木里庫にて
キャンドルの灯りだけで過ごす
1000000人のキャンドルナイトを開催いたしました。

 


1000000人のキャンドルナイト





仲南町の杉の木ツリーです☆
樺の木のオーナメントに杉の実がアクセントになって
かわいい!!!


薪ストーブショールームにクリスマスツリーが登場!



ギャラリーでは毎回大人気の
ピザ作り体験を開催!子供ちゃんも大喜びです♪



ショールームでは薪ストーブをご覧いただき、
お馴染みのお絵かきコーナーに
今回初登場のキャンドル作り教室を開催しました。



カラフルなキャンドルが出来上がりました☆☆☆
素敵ですね!!!


今回ご協力いただきました
Handmade Candle i-style の 稲ア 小百合さんです☆

世界にひとつだけのオリジナルキャンドルを作りました!


お絵かきコーナー☆



ピザ作り体験コーナー☆


今回は消灯前に、ご来場者様のご紹介をさせていただきました♪



こちらはOMソーラーフォルクスハウスにお住まいのO様です☆
ご参加ありがとうございました!


それでは!!
「電気を消して、スローな夜を。」キャンドルナイトのスタートです!




でんきを消して、スローな夜を。

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
夏至と冬至の夜の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子供に絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「暗闇のウェーブ」を
地球上に広げていきませんか。










今回のお料理は
カフェ食堂ランプさん(善通寺市)、讃岐地人食堂 汐さぎ庵さん(綾歌町)、 pancafe junjuさん(まんのう町)
にご協力いただき、ご用意させていただきました☆











おなかもいっぱいになった頃・・・
キャンドルナイトの冬の恒例の紙芝居の登場です!!









お話は「さぬたくろうす」☆
讃岐のたぬきで「さぬた」
毛が黒くて薄いので「くろうす」・・・(笑)
いやいやこれがまたいいお話なのでした☆



今回紙芝居初挑戦の古木里庫 山下です☆
しかし、、、その語り口調はまるで
日本昔話〜!!!
ナイスです。





大人も子供もゆったりと楽しめたひととき☆


そんな紙芝居が終わったとき・・・



よいこの子供達にプレゼントを持って来てくれたのでした☆

でもこちらのサンタさんは実は・・・
と、それはご来場いただいた方だけの秘密なのでした^ ^☆
また来年も来て下さいね♪



サンタさん登場〜〜〜!!!

薪ストーブの煙突からやってきたのでしょうか?!

菅組では13回目となりましたキャンドルナイト。

今回も年末のお忙しい中にもかかわらず、たくさんんの方々にご来場いただきました。
本当にありがとうございました!!!

2011年は東日本大震災が発生し、激動の一年になりました。
そしてキャンドルナイトの意味を再度認識する場ともなりました。
そんなときだからこそ、「キャンドルのあかりでおだやかに過ごすひととき・・」おすすめです☆

まだまだ寒い季節です。
またぜひ古木里庫の薪ストーブに暖を取りにいらしてくださいね☆

キャンドルナイトは夏至、冬至にかかわらずいつでもお楽しみいただけます。

今夜キャンドルナイトはいかがですか?