和うるしの器 ≪Special Gallery≫ 

               >Special Gallery top

■栗の木のカレースプーン
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

一本ずつ、愛情込めて、分厚い材から立体的に彫り上げました。
漆のまろやかさと、木のあたたかさをお食事と一緒に堪能。





////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

↑写真クリックで拡大します。
 ■栗の木のカレースプーン
   
 材/クリ
 漆/和うるし100%(岩手県浄法寺産うるし)
 上塗り/2004年岩手県浄法寺町
       大森俊三の盛漆の精製漆
       ※長さ 18p 幅 4p
      
  【価格】10,500円(税込・送料別)
  
 
SOLD OUT


↑写真クリックで拡大します。
 
↑写真クリックで拡大します。


↑写真クリックで拡大します。

 
↑写真クリックで拡大します。



↑写真クリックで拡大します。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


スプーン木地材の仕入

 
スプーン木地荒ぐり


 


木地制作

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

◆作者から◆

「木彫りのスプーンは使いにくい」そう思っている方が多いと思います。
「スプーン」というカラトリー、実はたいへん複雑な形をしています。
木材で、しかも大量に生産するには、機械で効率よく彫らないと採算があわない・・・それがスプーン。

市販の木彫りのスプーンは使いにくい、というのは理由があります。
スプーンの使い心地を左右する要素の一つに「持ち手の角度」と「スプーン先端の作用角」があげられます。
一般論ですが、たいていの市販の木のスプーンは機械にかかりやすいように、
ほぼまっすぐに近い木地を使って彫っているからということが一つあげられます。
スプーンの複雑な形を精度をあげて彫り上げるということは、いろんな意味で難しいことなのです。

この「栗の木のカレースプーン」は、「スプーン大好き」の作者が、
分厚いクリ材から立体的に刃物で手彫りした一本です。

お口に運んだ時、すっと抜く時、心地よく感じるように微妙な部分をよく研究して形づくっているのです。
このたいへん難しい形を、「人」の感覚を駆使して彫り上げているのです。
上質な国産漆を何度も塗り重ねた濃いあめ色、
クリ材らしい素朴でかわいらしい木目は何度見ても飽きません。
家庭用、普段使いにおすすめ。肩ひじはらずに使えます。

名前に「カレー」と付いていますが、ピラフ、チャーハン、お粥などにぴったり。
(作者はお茶漬けに愛用しています)
デザートには不向きですので、デザート用には金箔ランチスプーン(※)をどうぞ。
この使ってみないとわからない贅沢感、ぜひおすすめいたします。

(※)恐れ入りますが完売いたしました。
←back                                                        next→
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////